カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
インタビュー記事をデータ販売(PDF) /ZERO TO ONE 河野映彦社長「中古カーパーツ専門に、流通額100億円へ」
【インタビュー】ZERO TO ONE 河野映彦社長(データ販売)
540円(税40円)
50 ポイント還元
購入数

【インタビュー】ZERO TO ONE 河野映彦社長(データ販売)
540円(税40円)
50 ポイント還元
日本ネット経済新聞で取り上げた注目企業のインタビュー記事をデータ販売(PDF)します。

<データ概要>
掲載号:2017年11月2日号

インタビュー対象:ZERO TO ONE 河野映彦社長

見出し:「中古カーパーツ専門に、流通額100億円へ」

リード(冒頭記事):
ZERO TO ONE(ゼロトゥワン、本社神奈川県、河野映彦社長)が運営する、中古カーパーツ専門モール「クルーバー」が急成長を遂げている。18年3月期末には、出店者数が前期末比倍増の500店舗に達する見通しだ。グループ会社のカー用品チェーン「アップガレージ」のEC事業をベースに、全国のカー用品店を取り込んでいっている。越境ECの流通額も、18年3月期は2億円に達する見通しとなっている。カー用品店がこぞって出店するクルーバーの仕組みと戦略を聞いた。

プロフィール:
大学時代は明治大学で体育会アメリカンフットボール部主将を務める。05年に野村證券に入社し、リテール営業や、ベンチャー企業の上場サポートを担当。35歳でZERO TO ONEを創業し、代表取締役に就任。東京都出身。

※記事の内容は現状と異なっている可能性があります
この商品を購入する